musubi

musubi

インフォメーション

musubi

画像1
普段の、ふつうの暮らしに、ささやかだけれど美しくしっかりと寄り添ってくれるもの。そういうものたちを日々の暮らしの中から、探し、使い、紹介しています。基本的にものとは、誰かが誰かの笑顔や喜ぶ姿を想像して生み出されているはず。その行為は至極純粋な他者に対する愛情そのもの。そうして生み出されたものを作り手と同じ思いで使い手に届けたいと思います。

商店街の一角に小さな一軒家をつくり、暮らしの場と仕事の場をひとつにしました。通りに面した扉を開くと、小さな空間に設計事務所(http://www.terracotta.jp/)とお店が並んでいます。そのすぐ奥には我が家の食卓と台所が続いていて、お店で扱う道具たちが日々の暮らしの中で使われている風景をご覧いただけます。

日々、暮らし、仕事をするこの場所から、皆さまの暮らしの線上に、小さな結び目をつくることができますよう。

お電話でのお問い合わせについて

画像2
musubiは、テラバヤシ・セッケイ・ジムショ(http://www.terracotta.jp/)と同じ建物内にございます。さらに、その建物は私たち家族(夫婦+長女+猫)の自宅でもあり
ます。連絡先となっている電話番号はその全て(事務所+店+自宅)に共通しておりますゆえに、いつの場合でも、誰の場合でも、

「はい、テラバヤシ・セッケイ・ジムショです!」

と、受話器をとります。

「あれ?お店にかけたはずなのに、設計事務所?」と一瞬???と混乱されるかと存じますが、大丈夫です!「musubiの・・・」と仰って頂ければ、ちゃんとお店に繋がりますので、どうぞご安心を。

小さなお子さま連れのお客さまへ

画像3
天候によっては扉が開いていたり、閉じていたりしますし、ごめんなさい、ベビーカー用のスロープも準備出来ていないのですが、大丈夫、ベビーカーを押すお姿が見えましたらお手伝いいたします。

それから「子どもが商品をいじってしまうから・・・。」という方。はい、私も娘が小さい頃は、器やグラスをお取り扱いされているお店を訪れる時は、いつもいつもドキドキしていました。それこそ冷や汗をかきながら。でも、やっぱり好きだなぁ、綺麗だなぁと感じるものには触れていたいし、触れさせたい。子どもがいるから無理、ではなくて、子どもも一緒に楽しめる方がいい。「たいせつなものは、そっと、ふたつのおててでもつんだよ。」とお話しながら、一緒に眺めたり触ったりしながら、ものとの付き合いや、ひととの付き合いを子どもと一緒に楽しんでゆければと思います。

小さなお子さま連れのお客さまへ。ご来店心よりお待ち申し上げております。


データ
住所 国立市 富士見台 1-8-37
TEL 042-575-0084
FAX 042-575-0084
Eメール
HP http://www.musubiwork.jp/
定休日 日・月
営業時間 12:00〜18:00
交通アクセス
JR南武線 - 谷保駅より徒歩5分
JR中央線 - 国立駅南口より3・4番バス乗車
     「富士見台第一団地」下車徒歩2分


お問合せ先
 E-mail:  /  TEL:042-575-0084 / FAX:042-575-0084

日用品