おすすめ情報

  • 今週の10%OFFSALE!

    今週の10%OFFSALE!


    りんご酢から作っただし入り調味料

    【ポラーノの万能酢】 300ml 600円 (税抜) → 540円(税抜)

    青森産スターキングを静置発酵法でじっくり1年間熟成させてつくったりんご酢に、昆布と本みりんを合わせた万能酢です。透明で上品な出汁が特長の利尻昆布は、幅の広い上質な昆布を選び抜いて使用しました。
    すし酢、酢のもの、マリネなど、幅広くお使いいただけます。ビーフシチューやミネストローネ等の隠し味にも。練りごま、マヨネーズ、醤油と和えればごまだれに。味噌、柚子ごしょうと和えて味噌だれにしても。

    [SALE期間:1月21日(月)~ 1月27日(日)]
  • あひるの家ページ『畑だより』更新しました

    あひるの家ページ『畑だより』更新しました

    「畑だより ―田舎時間でのんびりと―」

    文責:あひるの家農産担当(前)代表狩野

    いいな~、田島さんみたいな「田舎時間」一年中過ごしたいな~

    といいつつ、休みの日も国立から一歩も出ない スタッフあかし
  • あひる通信1.18新年号本日発行

    あひる通信1.18新年号本日発行


    年が明けて間もなく3週間、2019年最初のあひる通信が本日より配布開始となっています。
    今号のあひる通信は

    1月26日(土)栃木・鈴木章さんの【寒餅】販売します

    週間10%OFFSALE!【有機ココナッツミルク】【焼のり・半型】【ポラーノの万能酢】

    ムソーのバレンタインスイーツご予約承り中

    仕込みは寒の時期がおすすめ 「味噌を仕込もう」

    岐阜・天然ワイン醸造【天然葡萄酒】赤・白在庫限りとなります

    新商品・再開商品

    価格改定のお知らせ

    1月26日(土)おむすび屋高ちゃん初荷ウマイもの盛りだくさんフェア

    2月2日(土)あひるの家全品5%OFFSALE!

    2月11日(月)12日(火)今や伝説?のたいやきやゆい2日限りのたい焼き復活祭@あひるの家

    畑だより ―田舎時間でのんびりと―

    2月17日(日)味噌作り教室参加者募集中!

    日曜日は魚の日

    あひるの家フェイスブックやってます

    あひるの家自家製ぬか漬け好評販売中

    雨の日スタンプ2倍押しサービスやってます

    火曜日はおむすびの日

    りかママのにこにこクッキング

    となっています。
    中ほどにお年玉企画(イベント)が書かれているので、手に取ってよ~くご覧ください。
  • あひるの学校2019第一弾『味噌作り教室』参加者募集中

    あひるの学校2019第一弾『味噌作り教室』参加者募集中


    これから寒さが増してくる季節ですね。
    寒仕込みの味噌は発酵に適していると言われ美味しいものです。自分の手で作る手前味噌は格別です。
    材料はあひるの家で取り扱っている【青森産有機大豆】【国産有機米こうじ】【海の精・漬物塩】で作ります。
    ぜひこの機会にお味噌の作り方を覚えて、今後にお役立てください。

    あひるの学校2019第一弾『味噌作り教室』

    ◆日時:2月17日(日)13:00~15:00

    ◆場所:くにたち福祉会館3階 調理講習室(国立市富士見台2-38-5)

    ◆参加費:2,800円(材料費込み/お持ち帰り味噌1kg付)

    ◆持ち物:エプロン・三角巾・お手ふきタオル・筆記用具・味噌を入れる容器(2kg入るもの)

    ◆定員:16名(先着順)

    ◆受付締切日:2月3日(日) ※定員になり次第締切となります

    ※お申し込みされる方はあひるの家スタッフまで
    ※参加費は前払いとなります。
    ※キャンセルされる場合は前日までにご連絡ください。後日、材料とレシピをお渡しします。参加費の返金はできかねますのでご了承ください

    2017年の『味噌作り教室』の様子はこちら(2018年は撮り忘れ)
    http://ahirunoie.boot-boo.com/blog/?p=8862
  • 春の予感【ふきのとう】

    春の予感【ふきのとう】


    奈良・王隠堂農園から【ふきのとう】(農薬・化学肥料不使用)が早くも届きました。
    雪融けを待たずに顔を出す春一番の山菜といわれ、独特の香りとほろ苦さがこれからやってくる春を感じさせてくれます。
    「春の皿には苦みを盛れ」という言葉があるように、春の山菜が持つ苦味には冬の間に体の中に溜まった脂肪や毒素の排出を促したり、味覚を刺激して気分を引き締めるといった効果が期待できるといわれています。
    定番の天ぷらは衣を薄く付けて低めの温度で揚げるのがコツ。揚げているうちにつぼみが開くと苦みが取れます。
    そのほか、みじん切りにして味噌汁や煮浸し、炒め物などに。
    【ふきのとう】と味噌、砂糖(いれない場合もある)で作る「ふき味噌」は、ご飯のお供やお酒のつまみにはもちろん、パスタや肉料理にも合います。
    岡山瀬戸内・名刀味噌本舗の【名刀ひしお】でふき味噌の味付をしたり天ぷらに添えたりしても絶対に合うと思いますよ。
    ※【ふきのとう】はまだ入荷が少ないため、品切れの場合もあります。
  • 1月26日(土)栃木・鈴木章さんの【寒餅】販売します!

    1月26日(土)栃木・鈴木章さんの【寒餅】販売します!


    年末の【のし餅】が大・大・大好評だった、栃木・鈴木章さんの杵つき餅。自家栽培のもち米(農薬・化学肥料不使用)を章さん自ら搗いて伸した前日搗きたてのお餅は、到着後もまだやわらかく、ほんのり甘~いお米の香り。お正月間際までお餅を搗いた章さんに感謝、の年末でした。
    年が明けて章さんに新年のご挨拶の電話。開口一番、
    「まだまだ搗きたりねーな。よし!寒の時期のうまい水で寒餅やるか!何枚いる?」
    というわけで、1月26日(土)章さんの【寒餅】販売します!
    【白米】【玄米】【黒豆】【青のり】の4種類。
    サイズは年末ののし餅のハーフサイズ、価格は1枚900円。
    寒の時期に搗いた最高にウマイ【寒餅】。年末にのし餅を買いそびれた方、お正月に食べたけどまた食べたい方、4種類のお餅を食べ比べたい方、ご予約おまちしています。
    ご予約締切日は1月23日(水)まで。当日店頭にも並びますが、ご予約が確実です。

    ※お渡しは26日正午過ぎとなります。
  • 岐阜・天然ワイン醸造【天然葡萄酒】赤・白在庫限りとなります

    岐阜・天然ワイン醸造【天然葡萄酒】赤・白在庫限りとなります


    あひるの家の酒類で人気の【天然葡萄酒】の醸造元岐阜『天然ワイン醸造』では、2018年夏の猛暑により蔵の中のワインが発酵過多によりほぼ全滅というお知らせが、昨年暮れに問屋さんから連絡がありました。
    ワインが発酵しすぎてブランデーのような味と香りになってしまったそうで、ならブランデーとして出荷できるかというと酒税法の決まりでそれもできず、2018年出荷予定だった【天然葡萄酒】の大半は出荷不可、現在処分方法検討中とのことです。
    今期ごく少数となってしまった出荷可能な【天然葡萄酒】赤・白が、数量限定で入荷しています。通年での販売はできませんので、【天然葡萄酒】ファンの方はお早めの購入をおすすめしています。
    なお、『天然ワイン醸造』の2019年分のワイン出荷の予定も今のところ未定となっています。

    【天然葡萄酒】
    蔵元の林家では昭和の初期から農業の一環としてワインを造ってきました。自家農園を中心に一部契約栽培しているぶどうは、有機質肥料を与えた土地で育て、酸化防止剤や保存料を使わないナチュラルなワイン造りをしています。
    一般に市販のワインは培養された酵母を添加し醸造します。しかし林家では、天保年間に建てられた蔵に住みつく目に見えない微生物(酵母)が、自然に仕込みタンクに舞い降り、勝手に(自然に)発酵をはじめるのです。現在ではこのように醸造されるワインは極めて少なく、大変希少価値の高い「手造りワイン」です。
  • 仕込みは寒の時期がおすすめ「味噌を仕込もう」

    仕込みは寒の時期がおすすめ「味噌を仕込もう」


    やってみると意外なほど簡単で、初心者でも失敗が少ない味噌づくり。雑菌の繁殖が少ない1~3月の寒い季節は味噌の仕込みに最適です。材料は、大豆・こうじ・塩のみといたってシンプル。国産有機大豆や国産有機こうじ、自然塩など、自分で納得のいく材料が選べるのも手づくり味噌の良いところです。
    手づくり味噌は、仕込んでから6ヶ月を過ぎた頃から食べ始められます。熟成による味や香り、色などの変化を楽しみながら、自分で好みの味を見極めるのがおすすめです。
    仕込んだ味噌は、6ヶ月を過ぎたころから食べることができ、1年ほど熟成すると味に深みが出てきます。玄米こうじを使った味噌は熟成期間が長く、1年半~2年が目安です。好みの味に熟成したところで密封容器に入れ、冷蔵庫で保存することで熟成速度を抑えることができます。
    毎年作っている方はもちろん、初めての方もこの機会に試してみてはいかがでしょう。
    只今作り方レシピ付注文表配布中。こうじはご注文からお渡しまで2週間ほどかかります。
    【生こうじ】の入荷日はこちら


    【青森県産有機大豆】 1kg  760円 
    青森県北津軽郡中泊町(旧中里町)で栽培された有機大豆です。品種はオオスズ。大きなサヤが鈴なりになることから命名された品種で、甘み・旨みが強く、風味豊かで柔らかいのが特長です。味噌作りにも最適といわれています。
    中里町自然農法研究会・代表の三上新一さんは、1962年の就農以来、有機農業に取り組んでいます。2009年全国農業コンクールグランプリ・毎日農業対象受賞、2010年には、第48回農林水産祭農産部門天皇杯受賞。その技術と経営には定評があります

    【有機米こうじ】 1kg  1,365円 
    蒸した米に麹菌と呼ばれる微生物を繁殖させたもの。島根・北海道産有機米に、室町時代から京都で続く種麹の老舗・菱六の麹菌を使用しています。
    有機米のもつ甘味を、麹菌の働きでゆっくり時間をかけて引き出しました。米こうじは醗酵がうまくいくので味噌作り初心者向きです。また、出来上がりの味わいにもクセがなく、多くの人に受け入れられやすい味です。味噌作りはもちろん、塩麹作り、甘酒作りなど、どれも食べやすく仕上がります。

    【有機玄米こうじ】 1kg  1,555円 
    玄米こうじは白米に比べると、甘みだけでなく玄米ならではの旨みがあり、少し個性的な味わいです。香りも力強く、コクのある味噌に仕上がります。

    【有機麦こうじ】 1kg  1,405円
    ビタミンB群やカルシウム、食物繊維が豊富です。米こうじよりもあっさりとした味わいの味噌に仕上がります。また、香りがとても豊かです。麦こうじは米こうじよりもうよく吸水するので、味噌玉を作るときに大豆の煮汁を利用するとうまく作ることができます。

    【海の精漬物塩】 1.5kg  3,000円 
    塩は味噌の味を左右するだけでなく、醗酵にも深く関わっています。黒潮が運ぶ清らかな海水から直接生産した伝統海塩「海の精」は、ナトリウムだけでなく、マグネシウムやカルシウム、カリウムなどの成分も含んでいます。マグネシウムなどの成分が味噌の醗酵を助け、味わい深い味噌に仕上げてくれます。溶けるのに時間のかかるカルシウム粒の選別を省いた徳用サイズ。

    【海の精(赤ラベル)】 170g  430円  350g  860円 
    海水100%、天日と平釜で作った日本の伝統海塩「海の精」。海水を立体式塩田に汲み上げ、風と太陽熱を利用し濃縮した海水を、釜で煮つめました。ほのかな甘みや苦み、酸味が感じられます。粗塩タイプ。

    【カンホアの塩・石臼挽き】 500g 540円
    ベトナム カンホア・プロヴィンス、ホンコイ村のきれいな海水を、南国の天日と自然風のみでゆっくり濃縮・結晶させました。海水から完成まで2~3ヶ月。人工的な加熱は一切していません。最後は、天日に干して乾かし、料理に使う際に溶けやすいように石臼で細かく挽きました。ナトリウムだけでなく、マグネシウムやカルシウム、カリウムなども含まれ、深く豊かな味わいが特長です。
ページ上部へ戻る
このページについてお気づきの点があればお知らせください。(国立市商工会) 閉店している。 誤りがある。