おすすめ情報

  • 水曜日は玉ちゃんのお惣菜の日

    水曜日は玉ちゃんのお惣菜の日


    2月から始まった「水曜日は玉ちゃんのお惣菜の日」は今日が2回目。
    あひる通信や店頭・フェイスブックなどでお知らせはしているのですが、まだまだみなさんには浸透していないようで、昨年までの玉ちゃんが店頭に立ってのイベント販売のように開店前からお客さんが並ぶことはありませんが、それでも「たしか今日よね。これから毎週水曜日は楽させてもらうわ」「昨日やぼろじの『玉ちゃんの家』のランチに行きたかったんだけど、予約でいっぱいだったのよね~」と楽しみにしてくれるお客さんや、夕方来店されて「あっ、おいしそうなものが並んでいる!今日の夕飯はこれで決まり!」と大喜びで家族分買って行かれたり、「水曜日は玉ちゃんのお惣菜の日」まずまずのスタートダッシュです。
    2月19日(水)本日のメニューは

    出汁が決め手、エビ・イカ・アサリ入り【海鮮チヂミ】700円

    人参・きゅうり・ごぼう・たくあん・牛肉・豚肉・かにかま・たまごと具だくさんのごま油香る【キンパ(韓国海苔巻)】700円

    野菜たっぷりで優しいオモニの味【ナムル】500円

    そして初登場!豪華【骨付きカルビチム】1,150円
    「韓国の宮廷料理で、骨付きの豚肉を野菜と果物と漢方のスープで煮込んだごちそうですよ〜。温め直して食べるとむちゃくちゃウマイヨー!あかしさんにはちょっと甘いかな」と玉ちゃん

    本日は日中お客さんの数が少なく「余るかな?残るかな?何が売れ残るかな」と不安(期待?)だったのですが、終わってみれば先週に引き続き本日も完売御礼。来週は先に自分の分をキープしようと反省したスタッフあかしでした。
  • ひな祭りのお菓子

    ひな祭りのお菓子


    3月3日は桃の節句。女の子の健康と幸せを願うおまつりです。ひなあられやひし餅で華やかに、桃の節句を楽しみましょう。

    自然な色合いの三色あられ
    【ひな祭ぽんちゃん】100g 380円       
    おひなさまの三色あられを、農薬不使用の庄内産米と吟味した副原料で作りました。お米の白、モロヘイヤの緑、紅麹の赤、色合いと食感が楽しめます。    
    原料【米】放射性物質[不検出]検出限界値3ベクレル/kg      [庄内協同ファーム]

    色ごとに味わい違うひなあられ
    【雛あられ】60g 360円 
    宮城産有機もち米「ミヤコガネ」を使用。着色には紫芋、抹茶、醤油を使い、見た目も華やかに、色ごとに味わいの違いを楽しめる雛あられに仕上げました。紫芋はほんのりとしたやさしい甘み、抹茶は香りが引き立つ上品な味、砂糖はふんわり溶けるまろやかさ、醤油はお口直しにピリッとした旨みが楽しめます。
    原料【もち米】放射性物質[不検出]検出限界値1ベクレル/kg     [精華堂霰総本舗]

    美しく健やかに育ての願いをこめて
    【ひし餅】1個(160g) 450円   
    清らかな水と澄んだ空気の中で育まれた、島根県雲南市・奥出雲産もち米を使用し、着色にも 島根県雲南市で作られたよもぎ、しそ梅酢を使用し、やさしい自然な色合いを表現しました。  [吉田ふるさと村]

    小さなお子様も食べきれるミニサイズ
    【ひなゼリー】100g 440円       
    ひしもちを模ったかわいらしい半生菓子です。香料や合成着色料を使わず紅麹とベニバナとクチナシ由来の色素でやさしい色を添えています。       [松本製菓]

    ほんのり桜色
    【桜だんご】4本 460円   [冷凍]    
    紅こうじを使いほんのりとピンクに染めた生地で、伊豆のオオシマザクラを塩のみで漬けた桜葉入りのあんが包まれています。             [芽吹き屋]

    こちらは“道明寺”
    【桜餅】 4個 460円 [冷凍]
    岩手県産ヒメノモチを使用した自社製道明寺粉と伊豆大島産の桜葉塩漬けを使用しています。桜葉の塩気で粒あんの甘さが引き立ちます。伝統を大切にした春の一品です。桜餅に使われる「道明寺粉」は、もち米を蒸して乾燥させたもので大阪の「道明寺」が始まりと言われています。  [芽吹き屋]

    柔らかく仕上げた、赤・緑・白の三色餅
    【三色羽二重餅】18個 420円 
    国産餅粉を練り上げ、柔らかく仕上げた、赤・緑・白の三色餅です。ひな祭りに彩を添えるお菓子です。   [長豊堂]                                           
    ふんわりサクサクなおせんべい
    【ひな祭りせんべい】30g 200円
    国内産のうるち米をベースに三温糖と食塩だけで味付けした生地を焼き上げました。口の中で溶けるので小さなお子さまも召し上がれます。  [サンコー]

    かわいい串だんご型
    【三色すはま団子】8本 460円   
    煎った大豆から作る香り豊かな「すはま粉」を使用した、昔なつかしい半生菓子です。小さめサイズなのでお雛さまのお飾りにもぴったりです。 [松本製菓] 

    祝膳に
    【赤飯 祝御膳】2合炊き 864円   
    家庭の炊飯器で手軽に美味しいおこわ風の赤飯が出来ます。小豆煮汁を100%使用して、自然な色調に仕上がります。 もち米は、佐賀県産の「ひよくもち」を使用。小豆は、北海道産の特別栽培小豆を100%使用。出来上がり量は約670g、おにぎりにして6個分、お茶碗にして4杯分です。   [アリモト]  
  • 今週の10%OFFSALE!

    今週の10%OFFSALE!


    和食にも合う

    【有機エキストラバージンオリーブ油】
    180g 1,200円 (税抜) → 1,080円(税抜)
    450g 2,400円 (税抜) → 2,160円(税抜)

    スペイン・エストレマドゥーラ州で有機栽培された単一品種のオリーブを、収穫後24時間以内に丁寧に圧搾してつくりました。フレッシュなオリーブの風味と、ほのかにりんごやバナナを思わせる香りが特長です。化学的な処理は一切おこなっていません。パスタや肉・魚料理などにご使用ください。ドレッシングやトースト、スムージーにもどうぞ。和食にもよく合う風味です。冷奴、納豆などにもお勧めします。        

    [SALE期間:2月17日(月)~ 2月23日(日)]
  • 【川又さんの干し芋】今季最高の出来栄え!

    【川又さんの干し芋】今季最高の出来栄え!


    毎冬大大大人気の茨城ひたちなか市川又さんの【干し芋】ですが、今シーズン最高の出来栄えのものが入荷したのでお知らせします。
    干し芋に最適の品種「玉豊」の生産から干し芋製造まで一貫して行っている川又農産では、収穫して保存してあるさつまい芋を天日と寒風で7日間干し上げます。
    今年は暖冬のため例年より干し上げ作業が追いつかないのか、年明け1月は注文してもすぐには届かず、店頭在庫を切らすこともあったのですが、2月に入りいくぶん寒い日が続いたためか、ここ2週間は順調に入荷しています。
    そして本日届いた【干し芋】10kgを小分け袋詰めしようと箱を開けたところ、、、飴色に輝いているではありませんか!これは絶対ウマイヤツヤン!です。
    案の定袋詰め作業を始めると、手袋越しに伝わる柔らかさと粘り。袋詰めするにはこの粘りは一苦労ですが、試しに小さいの一切れ食べてみると、、、しっとりねっとり口の中に芳醇な甘さが広がります!かすかに感じる酸味も【川又さんの干し芋】の特長です。まるで上等な芋ようかんを食べているかのよう。間違いなく今季最高の【干し芋】です。
    今週後半の暖かさが今後【干し芋】にどのように影響するのかは定かではありませんが、今あひるの店頭に並んでいる【干し芋】は買いですよ~。
  • 2月29日(土)おむすび屋高ちゃん【ひな祭りのし餅】販売します!

    2月29日(土)おむすび屋高ちゃん【ひな祭りのし餅】販売します!


    毎月最終土曜日が恒例の『おむすび屋高ちゃんのウマイもの盛りだくさんフェア』ですが、今月は高ちゃんのお店『高山商店』で毎年恒例の「ひな餅」をあひるの家でも販売します。
    販売するのし餅は5種類【白米餅】【玄米餅】【のり餅】【きび餅】【あわ餅】、それぞれ1枚・1/2枚・1/4枚から選べます。
    米屋『高山商店』が全国から厳選したお米を使い、水もミネラルをたっぷり含んだ一級河川多摩川由来の地下水を使用。青梅『高山商店』ではひな祭りの時期に毎年注文が殺到する人気だそうです。
    お餅好きは目移りしてしまいますが、食べたいお餅はご予約がおすすめですよ。【のし餅】の予約締め切りは2月24日(月)となります。
    もちろん毎月恒例の【おむすび】【おむすび米】【雑穀グルト】【親子丼】【生姜焼き丼】【三色丼】【お赤飯】の販売もあります。こちらもご予約が確実です。
  • 2020年2月「水曜日は玉ちゃんのお惣菜の日 」はじまります!

    2020年2月「水曜日は玉ちゃんのお惣菜の日 」はじまります!


    本場韓国の味【季節のキムチ】が大人気の玉ちゃん。昨年はキムチだけにとどまらず、月1回のペースであひるの店頭に立ち、『玉ちゃんの家』(やぼろじ内)で人気の韓国家庭料理をお惣菜パックにして販売したらこちらも大ヒット!今年に入ってからも『あひるの学校キムチ作り教室』や節分の【韓国恵方巻き】でお世話になりっぱなしなのですが、そんな玉ちゃんにまたまたお世話になることになりました。
    2月からは毎週水曜日が「玉ちゃんのお惣菜の日」となります!(玉ちゃんは店頭には立ちません)
    やぼろじの『玉ちゃんの家』は月・火曜日ランチと土曜日ディナーの営業のみ(小学生2人のお母さんですからね)で「なかなか玉ちゃんのご飯を食べに行けない」という人にはなんともうれしいお知らせです。
    初回2月12日(水)は今のところ【キムチチヂミ】【キンパ(韓国海苔巻)】【ナムル】【切干大根コチュジャン和え】などを予定しています。今後は玉ちゃんの「あひるのお客さんにコレ食べてもらいたい!」季節のお惣菜もどんどん出て来そうな予感。「水曜日はお惣菜の日!木曜日はキムチの日!」と覚えてくださいね~。
  • QuantoBasta【経木らっぷ】取り扱い開始

    QuantoBasta【経木らっぷ】取り扱い開始


    「経木(きょうぎ)」は、永く日本人に愛されてきた、天然木を薄くスライスした食品を包むための生活用品です。抗菌や吸湿など自然木のもつ効果が、食品の鮮度と風味を維持してくれます。
    昔はお肉屋さんでお肉を計り売りで買うと、経木に包んで渡してくれました。今ではプラトレーやビニール袋が主流になってしまって、プラゴミが増える一方となってしまいました。
    ホイルやラップにはない自然木ゆえの機能性、ぜひお試しください。

    ◆機能性
    原料であるアカマツを薄く加工することにより天然の抗菌性と通気性、吸水性、保湿性などに優れた機能性抜群の経木が出来上がります。
    ◆利便性
    ハサミで好きな大きさや形に自由にカット出来とても便利。使用後は燃えるゴミとして処理でき、コンポストにも入れられるエコ素材。
    ◆色々使えてオシャレ
    お弁当の仕切りや上にかぶせて。揚げ物の余分な油を吸わせたり、肉や魚の解凍時のドリップを吸わせたり。刺身を冷蔵保存したり食卓に出すときにも。おにぎりを包めば余分な水分を吸いとてもおいしく。ハサミで簡単に切れるからちょっとした手作りのお菓子の包装に使ってもとってもオシャレ。
    ◆【長型】は色々使える大き目サイズ
    おにぎりを包んだり、お弁当用にカットしたり、色々使える長型です。
    ◆【短型】は小ぶりサイズが便利 
    鍋やお皿に丁度良い短型。
    ◆長野県産アカマツ使用
    長野県上田市近郊のアカマツのみを使用。計画伐採されたアカマツを余すところなく使い切ります。
    ◆無薬剤
    伐採後すぐに職人のところに運ばれ、加工途中に一切の薬剤を使用しません。無垢のアカマツを独自の機械で薄く削り出しただけの無添加製法です。
    ◆経木は日本独自の技術
    木を薄く削り出す日本独自の技術により作り出される経木。群馬県は「上州のからっ風」という乾いた気候が経木の生産に適しており、かつては日本一の経木の生産地でした。丸太の状態から節を避けて木取りし、角材にしたら鰹節削り機のような機械を用いて昔ながらの製法で薄さ0.16~0.18mmに1枚1枚削っていきます。削った後は数日間自然乾燥させ、重しを置いてまっすぐにしてカットしてようやく出来上がります。

    <使用方法>
    ・ハサミでカットして 普段お使いのお弁当サイズにしてください。
    ・お弁当の仕切りや底に敷けば余分な油や水分を吸収し、おいしさを維持してくれます。
    ・おむすびを包めば調湿作用で、おひつに入れたごはんのようにおいしくなり、海苔が手につきにくくなります。
    ・落し蓋の代わりに。
    ・肉や魚の切り身を挟んで保存すると、天然抗菌成分によって鮮度を保ち、臭みが消えやすくなります。
    ・松の木の殺菌成分によって鮮度を保ち 臭みが消えやすくなります。
    ・天然木の持つ雰囲気を活かし、お皿としてご使用いただくのもおすすめです。

    【経木らっぷ(短型)】150×170mm 20枚入り 600円
    【経木らっぷ(長型)】120×430mm 20枚入り 650円
  • 仕込みは寒の時期がおすすめ「味噌を仕込もう」

    仕込みは寒の時期がおすすめ「味噌を仕込もう」

    やってみると意外なほど簡単で、初心者でも失敗が少ない味噌づくり。雑菌の繁殖が少ない1~3月の寒い季節は味噌の仕込みに最適です。材料は、大豆・こうじ・塩のみといたってシンプル。国産有機大豆や国産有機こうじ、自然塩など、自分で納得のいく材料が選べるのも手づくり味噌の良いところです。
    手づくり味噌は、仕込んでから6ヶ月を過ぎた頃から食べ始められます。熟成による味や香り、色などの変化を楽しみながら、自分で好みの味を見極めるのがおすすめです。
    仕込んだ味噌は、6ヶ月を過ぎたころから食べることができ、1年ほど熟成すると味に深みが出てきます。玄米こうじを使った味噌は熟成期間が長く、1年半~2年が目安です。好みの味に熟成したところで密封容器に入れ、冷蔵庫で保存することで熟成速度を抑えることができます。
    毎年作っている方はもちろん、初めての方もこの機会に試してみてはいかがでしょう。
    只今作り方レシピ付注文表配布中。こうじはご注文からお渡しまで2週間ほどかかります。

    【青森県産有機大豆】 1kg  850円 

    青森県北津軽郡中泊町(旧中里町)で栽培された有機大豆です。品種はオオスズ。大きなサヤが鈴なりになることから命名された品種で、甘み・旨みが強く、風味豊かで柔らかいのが特長です。味噌作りにも最適といわれています。
    中里町自然農法研究会・代表の三上新一さんは、1962年の就農以来、有機農業に取り組んでいます。2009年全国農業コンクールグランプリ・毎日農業対象受賞、2010年には、第48回農林水産祭農産部門天皇杯受賞。その技術と経営には定評があります

    【有機米こうじ】 1kg  1,365円 

    蒸した米に麹菌と呼ばれる微生物を繁殖させたもの。島根・北海道産有機米に、室町時代から京都で続く種麹の老舗・菱六の麹菌を使用しています。
    有機米のもつ甘味を、麹菌の働きでゆっくり時間をかけて引き出しました。米こうじは醗酵がうまくいくので味噌作り初心者向きです。また、出来上がりの味わいにもクセがなく、多くの人に受け入れられやすい味です。味噌作りはもちろん、塩麹作り、甘酒作りなど、どれも食べやすく仕上がります。

    【有機玄米こうじ】 1kg  1,555円 

    玄米こうじは白米に比べると、甘みだけでなく玄米ならではの旨みがあり、少し個性的な味わいです。香りも力強く、コクのある味噌に仕上がります。

    【有機麦こうじ】 1kg  1,405円

    ビタミンB群やカルシウム、食物繊維が豊富です。米こうじよりもあっさりとした味わいの味噌に仕上がります。また、香りがとても豊かです。麦こうじは米こうじよりもうよく吸水するので、味噌玉を作るときに大豆の煮汁を利用するとうまく作ることができます。

    【海の精漬物塩】 1.5kg  3,000円 

    塩は味噌の味を左右するだけでなく、醗酵にも深く関わっています。黒潮が運ぶ清らかな海水から直接生産した伝統海塩「海の精」は、ナトリウムだけでなく、マグネシウムやカルシウム、カリウムなどの成分も含んでいます。マグネシウムなどの成分が味噌の醗酵を助け、味わい深い味噌に仕上げてくれます。溶けるのに時間のかかるカルシウム粒の選別を省いた徳用サイズ。

    【海の精(赤ラベル)】 170g  430円  350g  860円 

    海水100%、天日と平釜で作った日本の伝統海塩「海の精」。海水を立体式塩田に汲み上げ、風と太陽熱を利用し濃縮した海水を、釜で煮つめました。ほのかな甘みや苦み、酸味が感じられます。粗塩タイプ。

    【カンホアの塩・石臼挽き】 500g 540円

    ベトナム カンホア・プロヴィンス、ホンコイ村のきれいな海水を、南国の天日と自然風のみでゆっくり濃縮・結晶させました。海水から完成まで2~3ヶ月。人工的な加熱は一切していません。最後は、天日に干して乾かし、料理に使う際に溶けやすいように石臼で細かく挽きました。ナトリウムだけでなく、マグネシウムやカルシウム、カリウムなども含まれ、深く豊かな味わいが特長です。
ページ上部へ戻る
このページについてお気づきの点があればお知らせください。(国立市商工会) 閉店している。 誤りがある。