おすすめ情報

  • 6月26日(土)おむすび屋高ちゃんウマイもの盛りだくさんフェア

    6月26日(土)おむすび屋高ちゃんウマイもの盛りだくさんフェア


    ★ピッカピカ!モッチモチ!あま~い!さめてもおいしい!【おむすび米】(長野伊那・伊藤さんの農薬・化学肥料不使用のコシヒカリとミルキークイーンのブレンド米) → 特価!

    ★16種の雑穀を発酵させた甘酒風ノンアルコール発酵飲料【雑穀グルト】→イベント大特価です!

    ★いち!にい!さん!でにぎったおむすびはウマイ!【おむすび】鮭・昆布・おかか・梅 1個150円(税込)

    ★味の良さで売り切れ続出!ご予約承ります。全て朝作った高ちゃんファミリーの自家製弁当1パック500円(税込)  青梅地鶏と地卵の【親子丼】 熟成青梅豚の【生姜焼丼】 ボリューム満点!【三色丼】 チキンがドン!【チキンステーキ丼】(のみ600円) なんといってもピカイチの、だるまささげを使った【お赤飯】

    ※売切れの可能性もあるので前日16時までの予約が確実です
  • 今週の10%OFFSALE!

    今週の10%OFFSALE!


    焼肉で夏を乗り切る!

    【焼肉のたれ(甘口)】150ml 432円 (税込) → 388円 (税込)

    吉田村で契約栽培された玉ねぎ、生姜、りんご等の野菜をたっぷり使用し、吟味した国産調味料で味を整えました。醤油ベースのあっさり味、玉ねぎとりんごで自然な甘みを出しています。焼肉はもちろん、肉の下ごしらえ、野菜炒めなどにもご利用ください。
     
    [SALE期間:6月21日(月)~ 6月27日(日)]
  • 新商品・再開商品

    新商品・再開商品


    再開しました
    【大豆パウンドケーキ】280g 1,512円 [冷凍]
    【大豆チーズケーキ】220g 1,296円 [冷凍]
    「小麦粉を使っていないからお腹にもたれない」「チーズケーキはしっとりしていてココナッツの風味とレモンの酸味が夏にうれしい」「冷やしてもおいしいけど、少しだけ温めると風味がまして、より甘さを感じる」「大豆まるごとだから胃腸の調子もよくなった」というお客さんのリクエストにお応えして、Queen’s Soyの小麦粉・砂糖不使用スイーツ2種が再開しました。   [Queen’s Soy]  

    つるっと涼しげ
    【こんにゃく細めん】200g 240円 
    契約栽培のこんにゃくを使い、適度な歯ごたえを持たせツルっと細長く仕上げました。あおさのりが入り見た目も鮮やかで上品。磯の香りが爽やかです。さっと水洗いし、水を切ってからお好みの長さに切り、ドレッシングなどでサラダ風や冷やし中華風にしてどうぞ。生姜醤油も絶品です。 [池谷こんにゃく]  

    夏はカレーだ!辛口だ!
    【カレーの壺キーマカレー辛口(レトルト)】180g 421円 
    18種類以上のスパイス・ハーブ・香味野菜を配合。本場スリランカの味が楽しめるレトルトカレー。小麦粉を使わないスリランカ風のさらっとしたカレーで、温めるだ:けで本格的な味わいが楽しめます。野菜や米をたくさん食べて育った平飼い鶏のひき肉を使い、青とうがらしで辛味にさわやかさをプラスしました。華やかなスパイスとココナッツの香りが食欲をそそります。凝縮された旨みとパンチの効いた味わいをお楽しみください。 [第三世界ショップ]           
    料理の味を引き立てる濃厚な風味
    【沖縄黒糖蜜】400g 1,080円
    沖縄の自然豊かな大地で生育したサトウキビからつくられる、厳選した「純黒糖」のみを使用し、他の雑味を一切混ぜておりません。深いコクと濃厚な風味は、少量の使用でも、お菓子をはじめ様々な料理本来の味を引き立たせます。隠し味としても最適な一品です。    [三幸食品]  
    刺身や塩辛、イカの肝焼きにも
    【船凍スルメイカ】1杯 810円 [冷凍]
    獲れたてのスルメイカを、急速冷凍しているので、味・鮮度共に抜群です。お造りはもちろん煮付けやフライ、天ぷら、サラダに、色々な料理が楽しめます。     [能西水産] 

    菓房はら山夏の冷菓①
    【水無月(流し外郎)】4個 648円  [冷凍] 
    国産小麦粉、白玉粉で作った、しっとりもちもちの外郎(ういろう)の上に、蜜漬けした北海道産小豆を散りばめました。水無月は、半年の罪や穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈願する神事にちなみ食べられる、京都の伝統菓子。外郎の三角形は暑気を払う氷を表し、小豆は魔除けの意味があるといわれています。  [菓房はら山]   

    菓房はら山夏の冷菓②
    【白玉ぜんざい】60g×3 550円  [冷凍]
    白玉のつるりとしたのどごしと、柔らかなゆで小豆の風味が美味しい夏の冷菓子。少し甘いものが欲しい夏の日に冷やしてお召し上がり下さい。  [菓房はら山]
  • 梅雨~夏はとくにオススメ!朝は【有機野菜とバナナのスムージー】昼は【オーガニックスポーツドリンク】

    梅雨~夏はとくにオススメ!朝は【有機野菜とバナナのスムージー】昼は【オーガニックスポーツドリンク】


    蒸し暑く、食欲が減退する梅雨から夏の間中、常備しておくと重宝するのが、徳島・光食品の【有機野菜とバナナのスムージー】と【オーガニックスポーツドリンク(ゆず風味)】の2本。
    日中の疲れと寝不足で食欲がない夏の朝の強い味方が【有機野菜とバナナのスムージー】。スムージーに使われている葉野菜は、パンやお米に比べて消化がスムーズなので、寝起きの胃腸にも負担が少なく、有機バナナが30%も入っているので栄養もしっかりチャージできます。
    暑い季節は朝食抜きという人もいますが、ひんやりおいしいスムージーなら毎朝飲めるのでは。「夏は冷房で体が冷える」という人にはホットスムージーもおすすめです。有機生姜も入っているので身体の中からじんわり温めます。
    連日真夏日となる日中、水分補給と塩分補給におすすめなのが【オーガニックスポーツドリンク】。
    大手メーカーのスポーツドリンクは、CMなどのイメージから、スポーツのあと発汗を補う必需品と思われがちですが、じつは糖分(砂糖や人工甘味料など)も多く含まれています。
    発汗を補うだけなら水分と塩分だけで十分なはずなのですが、それでは清涼飲料水が売れません。なので、甘味料や香料などでそれらしい味を作り、「汗をかいたらコレ!爽やかな飲み口でゴクゴクいけます!」と宣伝するのですが、多量に含まれている糖分のせいで余計に喉がかわき、500mlのペットボトルを何本も飲んでしまうことになるのです。
    【オーガニックスポーツドリンク】には余計なものは一切入っていません。有機果実の果汁と自然塩のみで砂糖は不使用、甘さ控えめで後味がさっぱりとしたアイソトニック飲料です。スポーツ時だけでなく、夏場の屋外作業での熱中症対策、風邪をひいたときにもおすすめです。携帯に便利なペットボトル入り。
  • 産地から直送【剥きウニ】ご予約承り中

    産地から直送【剥きウニ】ご予約承り中


    三陸の海と共に復興に向け歩む、岩手・産直グループより
    獲れたて剥きたてをご自宅へお届け

    岩手三陸産【剥きウニ】200g 6,534円 

    ―滋養に満ちた漁場で育つ―

    三陸沖は寒流と暖流が交差する複雑な潮境で海流が激しく、ウニのえさであるわかめ・昆布の宝庫です。それらを食べ丸々と育ったウニは、とろけるような舌触りで甘みとコク、磯の風味が抜群です。

    ―獲れたて新鮮・上質なウニをお届け―

    5月末~7月にウニ漁が解禁されますが、資源保護のため、実際にウニ漁が可能なのはわずかな日数(開口日)しかありません。開口日は早朝から漁に出て、海辺で滅菌海水を使用し内臓を取り、剥き身にしてその日のうちに発送します。一般に型崩れを防ぐために使われる、ミョウバンなどの添加物や防腐剤は使用しません。
    初夏の味覚、甘くフワッととろける三陸産の濃厚なウニをお楽しみください。

    ■ヤマトクール便で、ご自宅へ直送。時間帯指定ができます。
    ※中部・関西・中国・四国・九州へのお届けは、別途送料がかかります。 ※離島・沖縄は配送不可
    ※遠方へのお届けは、発送日の翌々時着となります。

    ■開口日に採れたてのウニを、新鮮なまま出荷しますので、お届け日付の指定はできません。ご了承ください。

    ■連絡希望の方には発送日の午前中に、あひるの家から電話連絡を差し上げます。ご都合がつかない場合、ご連絡がとれない場合は、次回開口日に繰り越しとなります。

    ■最終締切日:7月4日(日)      
  • 『魚屋さん海野君のおいしい魚が届くまで物語』 第3章【これでおいしい魚が食べられる】

    『魚屋さん海野君のおいしい魚が届くまで物語』 第3章【これでおいしい魚が食べられる】


    第2章で、たとえ築地であってもというか築地だからこそ、漁の仕方、運搬の方法、保管の仕方によって多種多様な魚が並べられており、それをいかに短い時間に見抜いて良い魚を仕入れられるかが「毎日ショーブです」という話をしましたが、じゃあ一体どうやって見抜くのかということになりますよね。
    いくつかのポイントを上げると、まず魚のエラブタを開いてみて真っ赤だと鮮度がいいのです。血がにじんでいる訳ですから、古くなるとくすんできて茶色になってきます。ただ水氷に入っていると、やや白くふやけているので判断が難しいものもあります。
    次はなんといってもお腹がぷっくりふくらんで固いことです。死んだばかりの魚は死後硬直して身がしまっています。時間が経つにしたがって身がゆるんでダレてきます。ぷっくりしているのは脂ののりがよくておいしいということです。
    前回お話しした水氷にミョウバンを入れて氷点を下げて“鮮度抜群”の固さに見せるダマシのテクニックはあるのですが、お腹の厚みを装うことはできません。更に、ミョウバンを入れた魚は眼の奥が凍っていて白くなっているのです。鮮度のいい魚の眼は透明でくもりがないのです。
    もう一つの見分け方は一番カンタンなのですが、仲買人からとってもイヤーナ顔をされたり、時々怒鳴られたりもしますが、魚の尻尾を持ってつり下げてみてピーンと張っていたら新しいし、ダラーッとしたら古くなっているということです。
    そんなことをチェックポイントにしながら、朝2時間1000軒余りの仲買人の店を見て回り仕入れるのはなかなか忙しいのですが、とても緊張感があって好きです。築地に行かないでFAXの情報で仕入れをする魚屋もふえていると聞きますが、魚屋の面白さの半分以上は築地での時間にあると思っています。
    生意気言うようですが、街から魚屋さんが消えていってる一つの、そして大きな要因は、“自分で選んだ魚を売る楽しさ”を失ったからではないかと思います。確かにスーパーに圧されたり、消費者の魚離れって大きなことなのだし、ぼくのような一介の魚屋がどうともできないことなのだけど、“魚屋はオモシロイ”と思っているぼくには“オモシロクナイ魚屋をやっている魚屋”のことが気になって仕方ありません。
    あひるの家で魚を売らしていただいて8年が経ちます。きっかけは中学の先輩でもある和菓子屋小山さんから、「国立のあひるの家ってところが魚屋をさがしてるゾ」という話しを聞いて、こっそり行ってみたのがはじまりです。
    もっと大きな店を想像していたのですが小さい店でした。買い物している振りをしていると、お店の人とお客さんが話しをしているのがきこえたのです。「今日はトマトはないよ、まだ季節じゃないからね」ということをお店の人が言って、お客さんも「そうだわよね、まだ夏じゃないものね」と話しているのです。
    その時ぼくは「こんな店で魚屋をやりたい」と思ったのです。
    今もそうですが、築地に行く時「何を買おう」と決めないのです。「今日もいいものを買おう」と思っているだけです。だから品物の割には値が高かったり、納得がいかないものは仕入れないのです。「品物を揃えなきゃ」と思っていると良くないものを買ってしまうし、足許をみられて値段交渉にも負けていいことないのです。
    だから、ぼくの店(青梅)のお客さんには「アレもない、コレもない」と言われっぱなしです。
    “ないことを堂々と言えて、ある品物をアピールできる”、そんな店にあひるの家は思えたのです。
    その通りでした。あひるの家のお客さんは、ぼくが持っていくちょっと珍しくておいしい魚を、「お兄ちゃんがそう言うなら食べてみようかな」と買ってくれ、翌週「おいしかったよ」と言ってくれた時、魚屋冥利につきるのです。
    あひるの家のお客さんは実にチャレンジ精神に豊んでいて、いい食材を探しながら買い物を(生活を)楽しんでいらっしゃるように思えます。魚屋としてもとっても張り合いがあるし、同じ生活者としてもこんな風に生活を楽しんでいきたいと思わせる方々ばかりです。週に一度あひるの家で魚屋をやらしてもらうのが楽しみなのです。

    3日間にわたって再掲載してきた『魚屋さん海野君のおいしい魚が届くまで物語』はこれにて終了となります。
    いよいよ6月13日(日)から、お兄さん海野くんの元で魚屋修行2年目の海野マサトヨくんによる「第二・四日曜日は海野水産あひるの家支店」が開店します。
    筑地市場が豊洲市場にかわり、兄貴から弟に引き継がれ、長く続いている「日曜日は魚の日」の第二幕がスタートします。
    「ビシビシ鍛えてやってください」というお兄さん海野くんの期待に応えるために、第二・四日曜日は海野マサトヨくんに会いに来てください。
    何年かしたら『魚屋さんマサトヨくんのおいしい魚が届くまで物語令和版』が発行できるといいですね~。
  • 『魚屋さん海野君のおいしい魚が届くまで物語』 第2章【築地の海は広く深かった】

    『魚屋さん海野君のおいしい魚が届くまで物語』 第2章【築地の海は広く深かった】


    築地の海へようやく舟を出すことができて、サテいよいよ魚屋さんとしての腕を磨いていかなくてはいけません。
    築地には魚の仲買人の店が1000軒以上もあります。並べられた魚はどれも活きがよさそうで、仲買人の誰もが自信にあふれ迫力満点で、目を合わすことができませんでした。
    オヤジからは「好きなものを買ってこい。ただし、隅から隅まで見てからにしろ」と言われていたので、今もそうですが、全てのお店を見るようにしています。その日いい魚を買おうと思って見ているので、2時間位かかります。
    初めの頃、ともかく“安い”ものを買おうと思っていました。「築地にあるものはいいものなのだ」と思っていたので良い+安いと思って、安いものを見つけた時は嬉しかったものでした。
    それでも、魚の色つやや身のハリ具合、目の輝きなどを見たり触ったりし、特に腹の部分を触ってみると鮮度がわかるのです。「今日の仕入れはうまくいった、ヤッター!」と車を走らせ店について並べた魚を見て、オヤジはしぶい顔をしています。
    「アレッ!エーッ?」って思いながら夕方になると、並べている魚のどれもがダラーッとして肌つやもなく、腹を触ってみるとグニャッとして、なかにはお尻の方から臓物がとびだしているものもあります。
    とても刺身用として売れる物ではないのです。お客さんから刺身を頼まれていたサバが〆められず、謝ったことも何度もありました。
    そんな事を何度も何度も繰り返していく中で、「並べられた魚を見る時、漁の仕方や魚の運び方も見抜いていかなくちゃダメなんだ」ということがわかってきたのです。
    漁の仕方としては大きく4つあって、巻き網漁→定置網漁→引き縄漁→1本釣り漁があります。
    →の左から右に行く順番で、魚は傷ついたりつぶれたりすることなく収獲されます。
    運び方は、水氷箱→下氷箱→活き箱の3つがあり、これも→の左から右に鮮度が保たれているのです。
    大量に獲って水氷にガーッと入れて運べば、それは一匹あたりの単価は安くなります。ただし、魚の身は潰れ臓物は寸断され、鮮度の劣化は急速にはじまります。
    それ以外にも“昼どり”“朝どり”といって、漁をした時間帯で魚の脂ののりや身のゆるみが異なってきます。
    更に、これはやってはいけない事だと思うのですが、水氷の中にミョウバンを入れると、氷点が下がって魚の身がしまって“鮮度抜群”に見えるのです(これにはよくひっかかりました)。
    もう一つよく見抜かなくちゃいけないのが“止め物(ヒヤモノ)”と言われている物で、天候や相場をにらんで漁港や築地の仲買のところで“止め”てあって出してきたものです。
    仲買人は勿論そんな事は教えてくれませんから、「安いよ!安いよ!」という誘惑に負けそうになりながら、朝2時間毎日毎日が「ショーブダ!」の日々なのです。
    自分では90%位の仕入れはうまくいっていると思える毎日になったと、秘かに自負しているのですが・・・・。
  • 『魚屋さん海野君のおいしい魚が届くまで物語』再配布中

    『魚屋さん海野君のおいしい魚が届くまで物語』再配布中


    いよいよ今度の日曜日に迫った魚屋さん海野マサトヨくんによる「第二・四日曜日は海野水産あひる支店開店」ですが、それに先だってある一冊の小冊子を改めて店頭でも積極的に配布再開しています。
    お兄さんの魚屋さん海野和豊くんが毎週日曜日あひるの店頭でお魚を売っていた頃で、もう10年以上前にあひる通信で3回にわたって連載して好評だったものを6ページにまとめた『魚屋さん海野君のおいしい魚が届くまで物語』です。
    今ではエラソウに「弟に魚屋のキビシサを教えてやってください」とお兄さん面していますが、海野くんにも魚屋修業時代はあったわけで、そんな若かりし頃の和豊兄さんの旧筑地市場で毎朝繰り広げられる丁々発止のやりとりなどを面白おかしく当時代表だったスタッフ狩野が書いています。
    只今売り出し中の魚屋さんマサトヨくんの宣伝も兼ねて店頭配布中ですが、連載当時の全3章を本ブログでも3日間にわたって再掲載したいと思います。

    以下

    第1章【築地の海は荒かった】

    魚屋になって9年になります。
    その前6年間は金属加工会社で部品の設計や営業をやっていたのですが、どうもデスクワークは苦手なようで、よくトイレで眠っているとアナウンスが入って怒られました。
    オヤジが魚の運送や販売をやっていたので、小さい頃から築地にはよく連れて行ってもらって、カレーライスやハンバーグなどおいしいものを食べさせてもらったり、一緒に場内を歩いたりして、築地の活気はとても好きでした。
    だから会社を辞めようと思った時、「魚屋をやろう!」と思うのは自然なことでした。
    友達からは「魚屋なんて今どきはやらないよ、みんなどんどん店閉めてるゼ」「朝早いし、魚臭いからもてなくなるし、もうからないし、やめた方がいいよ」と否定的な意見ばかりでした。
    でも自分の中には、オヤジと行ったあの築地に行って自分が仲買と丁々発止をやって魚をトラックに積みこんで窓を半分位あけて明けてくる街を疾走する姿がイメージされ、ワクワクするばかりで聞く耳はもたなかったですね。
    ただ一つオヤジ達に要求したのは「お店をもつこと、会社組織にすること」でした。
    オヤジは高齢化してきた近隣の魚屋の代行仕入れと料理屋への卸しをやっていたのですが、ぼくとしてはお客さんに直接売ることをしたかったので、自宅の庭にお店を開くことになりました。
    今もそうですが、海野水産としてオヤジは運送と卸し、ぼくは店販売と卸しと各々の稼ぎを分けています。
    サテ、朝4時に青梅の自宅を出て4tロングのトラックを走らせていく訳です。ぼくが運転してオヤジと2人で1時間半かけて築地に到着するのです。
    「よ~し、今日からオレは魚屋だ!いい魚を安く仕入れてガンガン売るゾ」と身体中力が漲ってきます。
    場内に入ろうとするトラックが何台も並んでいて、その後ろに着けて順番を待ちます。もう場内は人と車でごったがえしています。
    前の車が入って、サテ入ろうかとアクセルを踏もうかと思って前を見ると、台車やターレット(運搬車)や軽トラックや荷物をかついだ人がスレスレのところを行きかっているのです。この流れが切れたら入ろうと思っているのですが、誰もぼくのトラックの方を見る人もいなければ、道をあけようとする人もいません。
    クラクションを鳴らしてみても、ウルサソウに見上げる人はいても動きをとめる人はいないのです。そんなことをしていると後ろのトラックから「ビービー」とクラクションを鳴らされ、ただ焦るばかりです。やむなくオヤジに運転をかわってもらって場内に入れた訳です。
    漲っていた力がいっぺんにへこんでしまって、疲れ切ってしまったのです。その後2ヶ月位オヤジにお願いしていました。
    2ヵ月後、「もう車にぶつけてもいいや、人ひいたっていいや」と思い切り、車を発進させると道を開けてくれたのです。
    この日、ぼくはようやく魚屋さんのスタートがきれたのだと思います。
    サテ、ここから新たな闘いがはじまるのです。
  • 魚屋さん海野マサトヨくんがやってくる!「日曜日は魚の日」6月から第二・四日曜日は海野水産あひる支店開店

    魚屋さん海野マサトヨくんがやってくる!「日曜日は魚の日」6月から第二・四日曜日は海野水産あひる支店開店


    毎週日曜日のお昼前に届くウマイ!魚貝が好評の魚屋さん海野くん(青梅・海野水産三代目海野和豊くん)ですが、2015年2月までは毎週日曜日にあひるの家に本人がやって来て、冷蔵ショーケース棚の大部分を使って魚を並べ、魚好きのお客さん相手に出張魚屋さんをやっていたのを覚えていられるでしょうか。
    祖父~父親と続いた魚屋さんの道に海野くんが入ったのは18年前。飲食店への卸しがメインだったオヤジさんの仕事とは別に、自宅敷地内に『海野水産』の看板を掲げてやる気満々だった海野くんは、修行の意味も兼ねて休日返上で日曜日のあひるの家店頭販売に乗り込んできたのです。
    それから10年以上、毎週日曜日あひるの店頭に立っていた海野くんは、すでにあひるスタッフの一員だったのですが、長年の激務(?)についに体が悲鳴をあげて、2015年2月別れを惜しまれつつあひるの家を卒業したのでした。
    魚屋さん海野くんが日曜日にあひるの店頭に立たなくなって丸6年。以降も「日曜日は魚の日」で送ってくれるウマイ!魚貝は好評なのですが、ついに海野水産あひる支店復活です。
    やってくるのは魚屋修行2年目の海野マサトヨくん。海野3兄弟の次男(真ん中。ちなみに一番上は和豊くん)です。
    「あひるさんの店頭で直売をやらせてもらえるのが、何にも代えがたい勉強です。弟をビシバシ鍛えてやってください」とお兄さんの海野和豊くん。
    前日土曜日送り→日曜日着の宅急便で届くお魚には送れる魚種が限られますが、当日朝にマサトヨくんがさばいたお魚を持ってくるので、今までよりラインナップが増えるのは嬉しい限りです。
    あひるのお客さんも、八百屋に魚のことを訊くより、直接魚屋さんマサトヨくんに訊く方が嬉しいし、魚料理の幅も拡がります。
    第二・四日曜日は魚屋さんマサトヨくんに会いに来てください。初回は来週13日(日)、マサトヨくんはお昼前には来ています。
    まずは初日のあいさつとして「マサトヨって漢字でどう書くの?」って訊いてみよう!

    ※第二・四日曜日以外の日曜日と第一土曜日のセール日のお魚は宅急便で届きます
  • 【有機青梅(梅酒・梅シロップ用)】はじまりました

    【有機青梅(梅酒・梅シロップ用)】はじまりました


    今年も梅の季節がやってきました。青梅が出始めると梅雨が来て、もうすぐ夏がくる合図。梅仕事を通して、季節の移り変わりを感じませんか。
    今週来週2週にわたり出荷される【有機青梅】は未熟でフレッシュなもの。青くフレッシュな香りの緻密な果肉は梅シロップや梅酒作りに最適です。梅シロップ・梅酒は初めてでも失敗しにくく、手軽に楽しめる季節の手仕事です。
    王隠堂農園の【有機青梅】は、水につけてアク抜きする必要がなく、熟成が進んだ梅でも冷凍して漬けると一晩でジュースが上がります。
    クエン酸、リンゴ酸などの有効成分が効率的に抽出されているので、夏の間、疲労防止に飲むのにもぴったりです。
    黄色く色付いた【有機青梅(梅干用)】の販売は6月14日(月)から2週間の予定です。今年は品種が【南高梅】と限定されているので、きっと立派な梅干が仕上がりますよ。甘い芳しい香りの完熟梅で梅干作りやジャム作りに挑戦してみませんか。
    この時期だけの梅仕事。楽しく仕込んで暑い夏も元気に過ごしましょう!
  • 【有機青梅】ご予約承り中

    【有機青梅】ご予約承り中

    あひるの家販売ランキングbest3にいつもランキングしているのが、王隠堂さんの【梅干】です。「この梅干おいしいのよね」と、まとめて買っていかれる方が何人もいます。たしかに塩もいいし、しそもいっぱい入っているけど、やっぱり梅が旨いんだと思います。
    奈良・西吉野の山中、標高400mのところにある王隠堂さんの梅林の土は、ふっかふかであったかそうです。それと、王隠堂さんの家はその名の通り、南北朝時代後醍醐天皇をかくまったことで名字帯刀を許された由緒ある家系で、その頃から梅を栽培していたそうですから、もう歴史的産物ということになります。歴史と時代が合体した産物が、王隠堂さんの梅です。
    子供が大好きな梅ジュース・梅シロップ漬けは、作るのカンタン、1ヶ月位から飲めるので、この夏中楽しめます。大人が大好きな梅酒も作るのカンタンというか、ただ焼酎と梅を合わせるだけみたいなもんです。3ヶ月位でおいしくいただけます。
    誰もが顔をしかめながら、それでも1年中食べている梅干は、ちょっと手間がかかりますが、その分自家製梅干は旨いです。夏を越えた頃から食べ頃になります。
    只今漬け方レシピ配布開始。「な~んだ、これならわたしにもできる」と思った人、ご注文ください。期間はわずか2週間、1kgからやってみよう。

    【有機青梅(梅酒・梅シロップ用)】 1kg 1,750円 入荷期間:5/31(月)~6/12(土)

    【有機青梅・南高梅(梅干用)】 1kg 1,750円 入荷期間:6/14(月)~6/26(土)

    ともに奈良・王隠堂農園からで、栽培状況は認証有機農産物。

    ※お渡し希望日の1週間前までにご注文ください
    ※【ポラーノの砂糖 洗糖】【玄米焼酎35度】【もみしそ】【海の精漬物塩】【カンホアの塩】などもご一緒に承ります
  • はじまりました!転地養蜂家斉藤さんの日本縦断はちみつの旅

    はじまりました!転地養蜂家斉藤さんの日本縦断はちみつの旅

    1ヶ月ほど品切れしていた斉藤養蜂園の国産純粋はちみつの、2021年新蜜第一弾【れんげ蜜】(170g・500g)が一昨日の日曜日に届きました。
    花の開花にあわせて4月九州霧島で【れんげ】の採蜜にはじまり、5月いきなり北上して青森で【りんご】【まろにえ】、7月に入ると北海道空知で【あかしあ】釧路で【百花】芦別で【菩提樹】と、大型トラックでミツバチとともに日本を縦断する転地養蜂家斉藤年正さんの採蜜の旅。
    その年その土地で採れるはちみつの味・量も違うので、通年流通するのは難しく、今年も2月には徐々に店頭に並ぶ種類も少なくなっていき、間もなく全種類完売となってしまいました。
    商品棚にすき間が出ることをはげしく嫌うスタッフくみさんからは「今年はいっぱい取っておこうね!」とさっそく言われましたが、まだ始まったばかりでこれから種類も増えていくので、とりあえずは安心していいのではと思います。
    澄んだ色合いで、何度でも食したくなるような飽きのこない味わいの、斉藤さんの2021年産国産純粋はちみつを今年もお楽しみください。

    【れんげ】
    今や希少となった国内産れんげ蜂蜜です。はちみつの中でいちばん親しまれてきた味ですが、田園の減少と外来の虫の影響で採れる量が年々少なくなっています。

    【あかしや】
    クセの無いさっぱりとした甘さ。さらりとして使いやすい蜂蜜です。

    【りんご】
    洗練された甘味と、やや酸味のある味が特徴。りんごの花の開花期間が十日程と短く、貴重な蜜となっています。その鮮烈なる味わいが人気の蜂蜜です。

    【百花】
    百花蜜とは、数種類の花の蜜をミツバチたちが集めたものです。その味わいは土地によって変わります。
    2020年産は釧路湿原に近い場所で採蜜したせりとクローバーの花の蜜が多く、大変食べやすく奥深い味わいでした。さて、これから出てくる2021年産のお味は。

    【菩提樹】
    さわやかな花の香りがよく残っている、味わい豊かな蜂蜜です。あまり市販されていない、希少なハチミツです。

    【まろにえ】
    コクと甘味があり、全体的に力強い味の蜜です。くせもないので砂糖の変わりに料理などに最適です。根強い人気があり、飽きのこない味です。
  • 季節限定【いかなごのくぎ煮】はじまりました

    季節限定【いかなごのくぎ煮】はじまりました

    子どもの頃食べていたお母さんが作ったような、一尾ずつ箸でつまめて金色に光るくぎ煮

    「私たち元気です。支援ありがとう」淡路島の春の風物詩

    【いかなごのくぎ煮】季節限定販売!

    武田食品冷凍㈱【いかなごのくぎ煮】80g 648円

    ・神戸~明石~淡路島に伝わる春の訪れを告げる郷土食「いかなごのくぎ煮」が2017年以来4年ぶりに復活。
    ・阪神淡路大震災で被災した家庭で、当時の全国からの支援に感謝の意を込めて「私たち元気です。支援ありがとう」と早春に手作りし今も全国に贈られている、20年以上続く淡路島の春の風物詩。
    ・一般のメーカーではいかなごの漁が解禁される3月上旬の新子のいかなごを使い、日持ちのするように醤油や水飴で真っ黒く煮詰めた固い佃煮を作るのですが、武田食品(株)の武田康平さんは「子どもの頃食べていたお母さんが作ったような、一尾ずつ箸でつまめて金色に光るくぎ煮」を作りたいため、いかなごがある程度の大きさになったタイミングで仕入れ、その日のうちに炊き上げます。
    ・「いかなごのほんのりとした苦味、風味と旨味が味わえるくぎ煮」を目指し、一般メーカーが使用するいかなごの2倍の大きさのものを使い、淡路島の蔵元に特注で作ってもらった薄色の醤油など厳選した調味料にて、スチーム釜の煮揚げ製法ではなく、家庭用大鍋を49台並べ直火で仕上げていきます。

    こうしてできあがった【いかなごのくぎ煮】は
    いかなごがウマイ!ほろ苦い!旨い!甘い!
    そのまま食べてもおいしいけど、おすすめの食べ方はなんと言ってもおむすび!炊きたてのご飯一合分に【いかなごのくぎ煮】50gと刻み生姜を少々。1~2分でいかなごがホロッとほぐれたら混ぜ込んで、ふっくらおむすびに。
    今しか食べられない【いかなごのくぎ煮】ですが、冷凍ストックしておけばこの味を一年中楽しめます。この機会にぜひお買い求めください。
  • 久保田の無添加アイスキャンデー【沖縄パイナップル】【手しぼり柚子】【南国土佐のやまもも】入荷しました

    久保田の無添加アイスキャンデー【沖縄パイナップル】【手しぼり柚子】【南国土佐のやまもも】入荷しました

    本日は最高気温17度と涼しかったですが、日中は汗ばむ陽気となることも多い5月中旬、定番6種類からスタートした南国土佐・久保田食品の無添加アイスキャンデーに、季節の氷菓3種が仲間入り。
    これからの季節冷凍庫に常備しておくと、子どもから大人まで楽しめますよ。

    【沖縄パイナップルアイスキャンデー】 80ml 183円
    沖縄県産パイナップルと北海道産ビートグラニュー糖だけで造り上げました。パイナップルの風味が活きた、爽やかな美味しさです。

    【手しぼり柚子アイスキャンデー】 80ml 183円
    南国土佐で毎年11月に収穫されたゆず玉を生産農家から直接仕入れ、自社工場内でひとつひとつ手しぼりで果汁を取って造り上げたこだわりのアイスキャンデーです。原材料はお砂糖と柚子だけ。清涼感あふれるさっぱりとした美味しさに仕上げました。           

    【南国土佐のやまももアイスキャンデー】 80ml 183円
    初夏に実る高知県特産のやまももを、自社工場で丁寧に加工、搾汁し、自然の彩り鮮やかなアイスキャンデーに仕上げました。素材のそのものの鮮やかな色味と、独特の香り、甘味、心地良い酸味を持つ、ナチュラル感あふれるおいしさです。

    定番の【小豆】【宇治金時】【いちご】【ミルク】【苺ミルク】【バナナ】の6種類からはじまった久保田のアイスキャンデーは現在11種類。今後も【ブルーベリー】【すもも】【グァバ】など順次加わっていくのでお楽しみに~。
  • 足元も夏ですよ~ いぐさの健康ぞうり【みさとっ子】

    足元も夏ですよ~ いぐさの健康ぞうり【みさとっ子】

    暦の上では「立夏」も過ぎ、ここ数年はGWくらいから日中は初夏の陽気。
    冬の間は靴下4枚履き(一番内側は【竹布5本指ショートソックス】)にレッグウォーマーと超厚着の下半身でしたが(暖冬だった今冬は【竹布スパッツ】は履かなかったな~)、今年もGW前から早くも夏仕様の素足に【みさとっ子健康ぞうり】に切り替えました。
    少しくらい涼しい日でも、鼻緒をはさみ歩く時に指先に自然と力が入るので血行がよくなり、足元はほんのりピンク色で寒さを感じません。
    鼻緒をはさんで歩くことで、土踏まずの形成が促進され母指内向を防ぎます。重心の位置がつま先よりになり、よい姿勢を保てます。
    たたみ敷きなので、汗ばむ季節も足裏サラサラ、開放感があり気持ちいい!お子さんにぜひ1足!大人の方の室内履きにもおすすめです。

    【みさとっ子健康ぞうり】 【15~22cm】2,255円 【23~27cm】2,475円 【28cm】2,750円 ※税込

    [鼻緒]
    鼻緒を真ん中にすげてあるため、体重をバランスよく保ちます。左右履き替えができるので、ぞうり底の片寄りも防ぎます。

    [畳表]
    い草を使用し適度な固さが足裏を刺激します。畳地なのでムレにくく、汗をかいてもサラッと快適です。

    [底]
    底面はすべりにくい凸凹ゴム仕様です。アスファルトなど硬い地面の上を長く歩いても疲れにくく、負担が少ないのも特長です。
  • ゼンケン浄水器ロングランセール&必ずもらえるプレゼントキャンペーンはじまりました!9月20日まで

    ゼンケン浄水器ロングランセール&必ずもらえるプレゼントキャンペーンはじまりました!9月20日まで


    高性能・低価格で定評のある、浄水器メーカーゼンケンの浄水器(本体・カートリッジ)ロングランセールが始まりました。「カートリッジの交換時期はまだ先」という方も、この機会に1~2台まとめて買い置きするのもおすすめです。
    さらに期間中対象商品【アクアセンチュリープラス(本体+カートリッジ)】【アクアセンチュリースマート(本体+カートリッジ)】【新型スーパーアクアセンチュリー】【アクアホーム専用水栓型】【アクアホーム複合水栓型】【新アクアセンチュリーレインボー】をお買い上げの方には、【浄水シャワー・ピュアストリーム2】【消臭枕カバー2枚セット】【高反発キュービックボディークッション】【薬用重炭酸入浴剤ナチュラルバス2箱】の中からお好きな商品を1点もれなくプレゼント!
    浄水器各種のキャンペーン価格・性能・仕様については、店頭貼り出し、または配布のチラシをご覧ください。
    ※【ピュアストリーム2・3】および【2・3共通カートリッジ】は割引対象外となります
  • 沖縄の太陽を浴びて育った【パイナップル】

    沖縄の太陽を浴びて育った【パイナップル】

    端境期のこの時季、【りんご】【いちご】がそろそろ終了に向かっていき、あひるの店先にならぶ果物もさびしくなってきます。
    そんな中、沖縄・八重山フルーツクラブから【パイナップル】が届きました!
    年間通じてあひるの家の人気ナンバー3にランクインされる平安名さんの【パイナップル】。沖縄石垣島の燦々と降り注ぐ太陽のもと、植え付けから2年近い期間をかけて育ちました。
    外国産のパイナップルと違い、畑で十分に完熟してから収穫しているので、味の良さはピカイチ、甘~い香りが広がります。
    石垣島のパイナップルは3つの品種が入荷します。どの品種が届くかは、その時のお楽しみ。

    【ボゴール種】 甘味の濃いパイン。縦に割って、ウロコをつまんでそのまま食べられます。別名スナックパイン。

    【ピーチ種】 乳白色の果肉が特長の小さなパイン。桃のような香りがあります。

    【ハワイ種】 酸味・甘味のバランスが絶妙。香り高くジューシー。パイン好きに好まれる品種。

    写真は本日入荷の【ピーチ種】。店内に甘~い香りが漂っています。
  • 南国土佐・久保田食品の無添加アイスキャンデーはじまりました!

    南国土佐・久保田食品の無添加アイスキャンデーはじまりました!

    桜も散り、日中暖かい日が続く今日この頃、食べたくなるのが南国土佐・久保田食品の【無添加アイスキャンデー】。安定剤、乳化剤、着色料、香料を使用せず、新鮮な牛乳や旬の果実など、素材そのもののおいしさが人気です。まずは定番人気の6品から。この後も【いちじく】【すもも】【ブルーベリー】【パイナップル】など続々入荷予定。

    【あずきアイスキャンデー】 80ml 118円
    自社で丁寧に炊き上げた100%北海道十勝産小豆あんを使用。

    【宇治金時アイスキャンデー】80ml118円
    抹茶の上品な風味が小豆あんとマッチしたおいしさです。

    【バナナアイスキャンデー】 80ml 183円
    フィリピン・ミンダナオ島産の有機バナナ、北海道産ビートグラニュー糖使用。ナチュラルな甘味に仕上げたこだわりのアイスキャンデーです。

    【ミルクアイスキャンデー】 80ml 183円
    シンプルな素材で造り上げた、新鮮な味わいのミルクアイスキャンデーです。

    【いちごアイスキャンデー】 80ml 210円
    旬の間に収穫された高知県産苺を使用。へた取りから洗浄まで、手作業でひとつひとつ丁寧に加工して仕上げた、こだわりの旬造りアイスキャンデーです。果汁・大粒果肉がたっぷりと入っており、まさに苺そのままの美味しさです。

    【苺とミルクのアイスキャンデー】 80ml 210円
    高知産苺をミルクアイスキャンデーに貼り付けました。甘酸っぱい苺の美味しさと、まろやかなミルクアイスがベストマッチしたプレミアムアイスキャンデーです。

    ※只今配布中のあひる通信4.9号での【ミルクアイスキャンデー】と【バナナアイスキャンデー】の価格が間違っていました
  • 『ちょこっと有機野菜セット・あひる便』入会申し込み受付中!

    『ちょこっと有機野菜セット・あひる便』入会申し込み受付中!

    ★有機野菜を食卓へ!

    有機八百屋としてあひるの家がスタートしてから今年で44年になります。茨城の数軒の農家から有機野菜を分けてもらい、仲間たちと街のあちこちで販売しはじめたのが始まりでした。今は沖縄~北海道まで250名程の有機農家とのおつき合いができ、各地域の季節の野菜を届けてもらえるようになりました。
    街ではレストラン・スーパー・デパート・宅配・通販などでの販売も多くなり、有機野菜やオーガニックという食品が市民権を得られたように思います。
    それでも、日本全体の農産物取り扱い量の0.2%に過ぎません。ちなみにフランスでは12%、ドイツでは20%のようです。大きな違いは、国などの有機農業への支援策が乏しく、相変わらず有機農家の個人的営為に委ねられています。有機農家も高齢化がすすみ、経営も芳しくなく、衰退の兆しがみえはじめています。
    「有機農業の畑を広げよう」とはじめたあひるの家としては、「もっと多くの方に有機野菜を食べてもらいたい」「もっと手軽に、気軽に、便利に、有機野菜を食卓にのせてほしい」と考え、2020年3月下旬から『ちょこっと有機野菜セット・あひる便』をはじめました。
    当初は八百屋としてのあひるの家の姿勢をアピールしようというのが主で、「申し込む人っているんだろうか?」「どんな人がいるんだろうか?」と的が全くしぼれていなかったのですが、「こんなセットがほしかったのよね」と予想外の反響で、1年が経った今では月曜日から金曜日まで毎日5~8件のセットを、担当のスタッフりかとスタッフまどかが「これがおいしそうね」「この野菜を食べてほしい」とピックアップして箱に詰めています。
    こんな時だからということもありますが、体にいい野菜を食べて免疫力をつけていくのも一つの方法かもしれません。ご利用・お申し込みお待ちしています。

    ★週1回のお届けです

    月曜日~金曜日までのご都合の良い曜日をご指定ください。16時~18時の間にお届けします。 
    ※配達エリアがありますのでお尋ねください。

    ★使いきれる量と、いろいろ楽しめる野菜をお届けします

    その時一番おいしくて新鮮な野菜をチョイスして、少量・多品目をセットしてお届けします。
    (例)菜花1/2束・スナップエンドウ5本・グリーンアスパラ2本・リーフレタス1/2個/ブロッコリー1/2個・きゅうり1本・ほうれん草1/2束・さつま芋1本・えのき1/2株・切干大根1/3袋  
    ※産地・生産者・栽培状況・料理のヒントなどお知らせします。

    ★ 有機野菜セットは定額です

    1セット1,620円(税抜1,500円)+配達料110円(税抜100円)合計1,730円(税抜1,600円)となります。  
    ※お支払いはその都度になりますが、ご都合のつかない場合はご相談ください。

    ★ 店頭受け渡しも可

    ご自宅への配送以外にも、毎週店頭で受け取ることもできます。配達料はかかりません。

おすすめ情報

ページ上部へ戻る
このページについてお気づきの点があればお知らせください。(国立市商工会) 閉店している。 誤りがある。