おすすめ情報

  • 栃木・田島さんの絶品!【有機里芋】今季最終入荷

    栃木・田島さんの絶品!【有機里芋】今季最終入荷

    栃木鹿沼で田畑輪環農業(同じ場所で同じ野菜を続けて栽培せず、田圃と畑を交互に行うことで土壌浄化を行う)田島さんから、「里芋これでおしまいです」の便りが届きました。
    毎年冬の間中は「里芋は田島さん」と決めているあひるの家。他の生産者には申し訳ないのですが(じゅうぶんおいしい)、なにしろ田島さんの【里芋】は絶品なのです。
    届いた段ボール箱を開けると、その見た目にホレボレ。包丁を入れただけで、そのきめ細かさが分かります。
    煮っころがしにしたらネットリ、豚汁にしたらホッコリ、コロッケにしてみたらシットリ、そして甘~い!
    何をかくそうスタッフあかしが「年間通してあひるの家の野菜で一番好き!」と言い切るのが、この田島さんの【有機里芋】なのです。
    ああ、しかし今年も「これでおしまい」の季節になりました(他生産者の里芋は続きます)。
    次の休みの日までもしまだ残っていたら、毎年恒例「田島さんの里芋終了記念!里芋フルコース」をやりたいと思います。
  • 3月のウィークエンドSALE予定 ―プロフェッショナルがやってくる―

    3月のウィークエンドSALE予定 ―プロフェッショナルがやってくる―

    今年は2月から週末イベント目白押しでしたが、3月も引き続き大忙しの週末のあひるの家。ロゴナ(ルアモ)・ボディクレイ・おむすび屋高ちゃんなど定番イベント盛りだくさんですので、ちょっと気が早いですが、お目当てのイベントは3月のカレンダーに記入しておくことをおすすめします。

    ★3月2日(土)あひるの家全品5%OFFSALE!
    毎月第一土曜日はあひるの家全品5%OFFSALEの日。セール日のお楽しみ和菓子屋さん小山さんの【みたらし団子】や【おまんじゅう】に3月は【桜餅】も。「日曜日は魚の日」が人気の魚屋さん海野くんのウマイ!魚貝も、セール日は一日早く土曜日に届きます。

    ★3月9日(土)10日(日)ロゴナ&ルアモ化粧品全品10%OFFSALE!
    春と秋の定番ロゴナ&ルアモセール。おなじみロゴナ保科さんがやってきて丁寧な説明・販売をします。今回は「あひるの学校番外編」として『luamoメイクアップお試し会』も開催します!メイクアップアドバイザーの松谷さんがチークやハイライトなどのポイントメイクを施してくれます。

    ★3月16日(土)17日(日)ボディクレイ粘土の化粧品全品10%OFFSALE!
    古代から動物たち(人間も含む)は、傷や湿疹を治すのに植物や土(粘土)の力を利用してきました。粘土(モンモリロナイト)の力を現代に甦らせたスキンケア製品として完成させたのが、ボディクレイ商品の数々です。最も伝統的でありながら先端的なボディクレイをお試しください。

    ★3月30日(土)おむすび屋高ちゃんウマイもの盛りだくさんフェア!
    こちらは毎月最終土曜日が定番のおむすび屋高ちゃんこと青梅・高山商店の【おむすび】【丼もの】。【おむすび米】や【雑穀グルト】は直売大特価のため、この日に多めに購入するのがおすすめです。
  • 今週の10%OFFSALE!

    今週の10%OFFSALE!

    煮物や揚げ物などに

    【オーサワの車麩】12枚 518円 (税込) → 466円 (税込)

    青森産全粒粉に小麦グルテンを加え、伝統製法で直火焼きした車麩です。火で焼いた車麩は、歯ごたえと、こし、なめらかさがあります。しっかりとした食感。全て職人の腕と経験の手作業でつくられています。膨張剤、添加物不使用。水に浸してよく戻し軽く水気を絞って、煮物、卵とじ、カツ等にご利用ください。      

    [SALE期間:2月19日(月)~ 2月25日(日)]
  • 2024あひるの学校2時限目 トークセッション『ぼくはこれで百姓になりました―わたしのターニングポイントを語る―』参加者募集中

    2024あひるの学校2時限目 トークセッション『ぼくはこれで百姓になりました―わたしのターニングポイントを語る―』参加者募集中

    ―スピーカー―
    ○キテレツファーム(東京八王子)
    神田賢志君 34才・有機農業歴4年・妻・子供2人
    ○有機農園けのひ(神奈川愛川町)
    北原瞬君 42才・有機農業歴12年・妻・子供3人

    ―プログラム―
    ・ぼくはこれで百姓になりました
    ・それでどうなったの?
    ・有機農業の面白さって?大変さって?
    ・ところでやっていける?これからどうする?
    ・わたしのターニングポイントを語る(参加者から)

    ◇日時:3月3日(日)13時~15時
    ◇場所:『スタジオ・コンブリオ』 大学通り『バーガーキング』3F
    ◇参加費:1,000円
    ◇定員:30名
    ◇お申込み:あひるの家スタッフまで

    あひるの家がおつき合いしているメインの百姓2人に来ていただいて、トークセッションをやります。
    出版社から転身した神田君、旅行会社から転身した北原君、どうして百姓なの?どうして有機農業なの?など、きいてみたいことが盛りだくさん。
    ドンドンきいてドンドン喋って、若き百姓たちの今を知りながら、自分の生活や仕事の今を考えるきっかけになるといいですね。
    参加者から「今の仕事どうしようと思ってんだ」とか「子育てをどうしよう」などの発言を、皆で考える時間ももちたいと思います。
    面白く楽しく進めたいと思っています。参加申込みお待ちしています。
  • ウマイ!玄米あります!2月24日(土)酵素玄米おにぎり屋さんLianリアン初登場!

    ウマイ!玄米あります!2月24日(土)酵素玄米おにぎり屋さんLianリアン初登場!

    炭水化物・糖質・脂質、代謝を高めるビタミン・ミネラル・食物繊維をバランス良く含むことから「完全食」といわれる玄米。その玄米を、より食べやすくおいしくしたのが「酵素玄米」です。玄米に小豆(※リアンでは黒千石大豆)とお塩を入れて、高温高圧で柔かく炊き上げた後、適した温度で保温しながら熟成させていく酵素玄米。消化不良を起こしやすい玄米と違い、子どもから大人までどなたにも美味しく召し上がっていただけます。

    初めまして!酵素玄米おにぎり屋Lianリアンです
    青梅にある酵素玄米おにぎり屋の『Lianリアン』の東です。リアンはフランス語で「結び」、「つながり」の意味があります。酵素玄米の美味しさをたくさんの方に伝えたい思いで、お客様との間を「つなぐ」、おにぎりの「むすび」をかけて、この店名にしました。新型コロナが流行している時、免疫力を高める食べ物の中に酵素玄米があり、実際食べてみるとモチモチして食べやすく美味しいことを知り、友人といっしょにキッチンカーでおにぎり屋をはじめました。
    酵素玄米ごはんは、玄米よりもさらに栄養価が高く、ポリフェノール、ナイアシンなど美容成分や、腸内細菌の栄養源となる「オリゴ糖」が豊富に含まれるため、腸内環境のケアに効果的です。腸がきれいになると、免疫力がアップし、美肌になるうえに、代謝が良くなるのでダイエットにもおすすめの美容食。酵素玄米ごはんを食べはじめると、その美味しさと体調の良さに驚かれます。 
    通常の酵素玄米は小豆で炊くものが多いですが、リアンの酵素玄米は遺伝子組み換えしていない黒千石という大豆を使用して、ほんの少しだけミネラル還元天然の紅塩を入れています。今回は特別にあひるの家さんで取り扱っている玄米を使用して酵素玄米を炊いていきます。是非この機会に酵素玄米を食べてみて下さい。

    当日のラインナップ
    【酵素玄米おにぎり(梅・唐辛子味噌・しゃけ・おかか)】 各350円
    【酵素玄米おにぎらず(焼肉・豚キムチ・鶏そぼろ)】 各450円
    【酵素玄米パックご飯】 500g入 1,200円(冷凍もできます)
  • ひな祭りのお菓子

    ひな祭りのお菓子

    関東風
    【桜餅】50g×4 1,020円 [冷凍]
    北海道産小豆と洗糖で作ったこし餡を、桜色の生地で包みました。生地は、国産小麦粉と糯米粉を銅板でクレープ風に焼いた関東風の薄皮タイプ。   [小山製菓]                

    関西風
    【桜餅】50g×4 724円  [冷凍]   
    自社製道明寺を使用した無漂白無着色の「関西風桜餅」。大島桜の葉を塩だけで漬けた桜葉が放つ独特の芳香、ほのかな塩味が、粒あんの甘さを引き立てます。 [芽吹き屋]   

    自然な色合いの三色あられ
    【ひな祭ぽんちゃん】100g 420円       
    おひなさまの三色あられを、農薬不使用の庄内産米と吟味した副原料で作りました。お米の白、モロヘイヤの緑、紅麹の赤、色合いと食感が楽しめます。   [庄内協同ファーム]

    色ごとに味わい違うひなあられ
    【雛あられ】60g 388円 
    宮城産有機もち米「ミヤコガネ」を使用。着色には紫芋、抹茶、醤油を使い、見た目も華やかに、色ごとに味わいの違いを楽しめる雛あられに仕上げました。紫芋はほんのりとしたやさしい甘み、抹茶は香りが引き立つ上品な味、砂糖はふんわり溶けるまろやかさ、醤油はお口直しにピリッとした旨みが楽しめます。 [精華堂霰総本舗]

    美しく健やかに育ての願いをこめて
    【ひし餅】1個(160g) 560円   
    赤は桃の花、白は残雪、緑は新緑を表現しました。山形県庄内のもち米種「でわのもち」を杵つきしたひしもちです。自生のよもぎと紅麹色素で、やさしい色を添えました。   [庄内協同ファーム]

    きめ細かいもっちり食感
    【三色羽二重餅】18個 519円 
    国産餅粉を練り上げ、柔らかく仕上げた、赤・緑・白の三色餅です。ひな祭りに彩を添えるお菓子です。  [長豊堂]                                                 

    かわいい串だんご型
    【三色すはま団子】8本 562円   
    煎った大豆から作る香り豊かな「すはま粉」を使用した、昔なつかしい半生菓子です。小さめサイズなのでお雛さまのお飾りにもぴったりです。    [松本製菓] 

    かわいい3色ゼリー
    【ひなゼリー】100g 562円   
    ひしもちを真似た、愛らしい半生菓子。小さな女の子も一口で召し上がれます。   [松本製菓] 
  • 【八百屋の焼き芋】好評販売中

    【八百屋の焼き芋】好評販売中

    立春を過ぎ少しずつ暖かくなっていくのかなと思いきや、雪は降るし北風は強いし、ここ数日が寒さの底ですかね。
    寒いからこそおいしい【焼き芋】がシーズンイチの人気となっています。
    昨今の焼き芋ブームで品種や製法にこだわる焼き芋屋さんは数あれど、「有機」「農薬・化学肥料不使用」に限定したあひるの【焼き芋】は、さつま芋そのものの味で勝負。あひるで一番ほめられる野菜ごぼう・人参とおなじく根菜であるさつま芋は、農薬や化学肥料に頼らずに作られた「土」の力がダイレクトに影響するので、さつま芋本来の味がすると人気です。
    鹿児島・茨城・千葉などの各産地各生産者で顔形はちがいますが、約1時間じっくり時間をかけて焼き上げた【焼き芋】は、もともとの甘さがさらに引き出され「まるで極上の和菓子のよう!」と、今や冬のあひるの看板商品となりました。
    寒さも本番となった1月に出てきた神奈川・北原くんの【紅はるか】は、焼いているうちに蜜が染み出て焼き石と皮がくっついてしまうほどの蜜芋。はがれた皮からのぞく中身が蜜でキラキラ輝いていました。
    もともとは南の方の野菜であるさつま芋は寒さに弱いため、これからしばらくは品薄となっていくかもしれませんが、毎年茨城の飯塚さんが店頭からさつま芋が消えるころに出してくる「越冬さつま芋」は糖がのって極上の甘さなので、【八百屋の焼き芋】にまだまだご期待ください。
  • 2月25日(日)あひるの学校2024『味噌づくり教室』満員御礼

    2月25日(日)あひるの学校2024『味噌づくり教室』満員御礼

    1月23日のブログでも告知していた『味噌づくり教室』は、募集開始から続々とお申込みがあり、1週間で定員に達したため締め切りとさせていただきます。
    5年ぶりの開催となる『味噌づくり教室』はワークショップあひるの学校の原点とも言えるイベントで、「自分でお味噌を作るのって大変じゃない」「子どもが小さいから今はできない」というお客さんに、「材料さえ揃えればかんたんにできちゃうのよ」「お子さんもいっしょに作れるのよ」と、味噌づくり経験者のあひる女性スタッフがお応えし、「よーし、じゃあみんなでいっしょに作っちゃおう!」からはじまった企画なのです。
    実際に過去に参加した方も、「これなら来年から家で作れる」「毎年家族みんなで作るのを恒例にしよう」と好評でした。
    今年も新たに15組(親子参加は1組換算)の方が参加することになり、イベント後は店頭で手前味噌談義に華が咲きそうでこれも楽しみです。
    万が一追加で参加者を募る場合は、またブログや店頭貼り出しでお知らせしますので、その時は奮ってご応募ください。
  • 仕込みは寒の時期がおすすめ「味噌を仕込もう」

    仕込みは寒の時期がおすすめ「味噌を仕込もう」

    やってみると意外なほど簡単で、初心者でも失敗が少ない味噌づくり。雑菌の繁殖が少ない1~3月の寒い季節は味噌の仕込みに最適です。材料は、大豆・こうじ・塩のみといたってシンプル。国産有機大豆や国産有機こうじ、自然塩など、自分で納得のいく材料が選べるのも手づくり味噌の良いところです。
    手づくり味噌は、仕込んでから6ヶ月を過ぎた頃から食べ始められます。熟成による味や香り、色などの変化を楽しみながら、自分で好みの味を見極めるのがおすすめです。
    仕込んだ味噌は、6ヶ月を過ぎたころから食べることができ、1年ほど熟成すると味に深みが出てきます。玄米こうじを使った味噌は熟成期間が長く、1年半~2年が目安です。好みの味に熟成したところで密封容器に入れ、冷蔵庫で保存することで熟成速度を抑えることができます。
    毎年作っている方はもちろん、初めての方もこの機会に試してみてはいかがでしょう。
    只今作り方レシピ付注文表配布中。こうじはご注文からお渡しまで2週間ほどかかります。

    【青森県産有機大豆】 1kg  1,236円
    青森県北津軽郡中泊町(旧中里町)で栽培された有機大豆です。品種はオオスズ。大きなサヤが鈴なりになることから命名された品種で、甘み・旨みが強く、風味豊かで柔らかいのが特長です。味噌作りにも最適といわれています。
    中里町自然農法研究会・代表の三上新一さんは、1962年の就農以来、有機農業に取り組んでいます。2009年全国農業コンクールグランプリ・毎日農業対象受賞、2010年には、第48回農林水産祭農産部門天皇杯受賞。その技術と経営には定評があります

    【有機米こうじ】 1kg  1,998円
    蒸した米に麹菌と呼ばれる微生物を繁殖させたもの。島根・北海道産有機米に、室町時代から京都で続く種麹の老舗・菱六の麹菌を使用しています。
    有機米のもつ甘味を、麹菌の働きでゆっくり時間をかけて引き出しました。米こうじは醗酵がうまくいくので味噌作り初心者向きです。また、出来上がりの味わいにもクセがなく、多くの人に受け入れられやすい味です。味噌作りはもちろん、塩麹作り、甘酒作りなど、どれも食べやすく仕上がります。

    【有機玄米こうじ】 1kg  2,224円
    玄米こうじは白米に比べると、甘みだけでなく玄米ならではの旨みがあり、少し個性的な味わいです。香りも力強く、コクのある味噌に仕上がります。

    【有機麦こうじ】 1kg  2,127円
    ビタミンB群やカルシウム、食物繊維が豊富です。米こうじよりもあっさりとした味わいの味噌に仕上がります。また、香りがとても豊かです。麦こうじは米こうじよりもうよく吸水するので、味噌玉を作るときに大豆の煮汁を利用するとうまく作ることができます。

    【海の精漬物塩】 1.5kg  3,240円
    塩は味噌の味を左右するだけでなく、醗酵にも深く関わっています。黒潮が運ぶ清らかな海水から直接生産した伝統海塩「海の精」は、ナトリウムだけでなく、マグネシウムやカルシウム、カリウムなどの成分も含んでいます。マグネシウムなどの成分が味噌の醗酵を助け、味わい深い味噌に仕上げてくれます。溶けるのに時間のかかるカルシウム粒の選別を省いた徳用サイズ。

    【海の精(赤ラベル)】 170g  464円  350g  928円
    海水100%、天日と平釜で作った日本の伝統海塩「海の精」。海水を立体式塩田に汲み上げ、風と太陽熱を利用し濃縮した海水を、釜で煮つめました。ほのかな甘みや苦み、酸味が感じられます。粗塩タイプ。

    【浜御塩】 400g 540円
    対馬海流の海水を、逆浸透膜を利用した海水濃縮設備で濃度を上げます。さらに、塩職人が平釜で一昼夜煮つめながら塩の結晶化をさせます。結晶化した塩を絶妙のタイミングで、丁寧にざるに取り上げ、水分を切り、仕上げました。旨味とかすかな甘味すら感じる【浜御塩】は、料理にはもちろん味噌作りにもおすすめです。

    【生こうじ】の入荷日はこちら。2月中旬以降は終了・欠品の可能性もあるので、お早めのご注文をおすすめします。
ページ上部へ戻る
このページについてお気づきの点があればお知らせください。(国立市商工会) 閉店している。 誤りがある。